苫小牧地区バスケットボール協会U−15部会より


苫小牧地区バスケットボール協会U−15部会よりご挨拶
 苫小牧地区バスケットボール協会U−15部会のホームページをご覧いただきありがとうござ います。
 日本バスケットボール協会(JBA)は、育成年代(18歳以下年代)において、「バスケッ トボールを行う子どもたちの幸せを追求すると同時に、社会を元気にすること」を理念として掲 げ、アンダーカテゴリー部会(U18/U15/U12カテゴリー部会)を設置し、強化と普及の 両面を考え、一貫した方針・体制のもと、競技環境の整備と競技者の育成に関する事業を推進し ております。強化的には、「世界基準のバスケットボールを日常に取り入れる」ことにより将来 の代表が世界で活躍できること、普及的側面においては、「バスケットボールを楽しみ、愛して いただくファミリーをさらに増やす」ことを目指しており、これを受け、苫小牧地区バスケット ボール協会U−15部会は、苫小牧地区における13歳から15歳の中学生のためにバスケット ボールの強化・普及のために年間を通して様々な活動を行っております。
 苫小牧地区全体のバスケットボールの競技力は、小学校・中学校・高校ともに各大会ともに上 位に進出するという実績を残してきています。U−15部会はU−12(小学校)とU−18(高 校)の間にあり、両カテゴリーの中間としての立ち位置であり、小学校から引継ぎ、育て、高校 へ引き渡すという小・中・高連携の役割を果たしていかなければなりません。
 バスケットボールはスポーツであり、勝つために、将来の代表が世界基準で戦えることを目指 し、選手が将来大きく成長するための土台を作ることは大事なことですが、それ以上に中学生期 という心も身体も大きく成長する時期であるということからも、教育的な視点として「スポーツ の楽しさ、素晴らしさ、謙虚さ、礼儀、周囲への感謝等」を子どもたちに身につけさせることが 最優先であると考えています。また、バスケットボールはチームプレーが求められるスポーツの ひとつです。そのような態度や考えをもてる選手でなければ、チームプレーは成り立ちません。
 そのために、U−15部会の役員、そして各チームのコーチたちが一丸となってこれらの人間 性を備えた選手を、活動を通して育てていくことも大切な目的であります。その結果がやがて、 バスケットボールを楽しむ子どもたちが増えバスケットボール界の活性化につながり、バスケッ トールに関わる方々が幸せに元気でいられるのではないかと考えています。
 苫小牧地区バスケットボール協会U−15部会は、これからも様々な事業を行う予定でおり、 U−15の活動状況や試合日程等を速やかに情報提供してまいりますので、今後とも、本ホーム ページを有効にご活用いただきますとともに、U−15部会の活動にご理解、ご協力いただきま すようお願い申し上げます。
                                                      部会長  中 山    敏  
令和元年度 苫小牧地区バスケットボール協会 U−15部会  組織図
役 職氏   名勤 務 先各グループ委員
部 会 長中 山   敏えりも町立庶野小学校
副部会長山 岸 弘 昇苫小牧市立啓明中学校
副部会長青 木 裕 司苫小牧市立ウトナイ中学校
事業費管理グループ長
(事務局長)
松 永 圭 輔苫小牧市立啓北中学校 補佐:赤松政彦(明倫)
会計:金丸大輔(凌雲)
親睦:福岡亮佑(啓北)
競技会グループ長佐々木   勤(競技)
田 中 俊 輔(審判)
苫小牧市立青翔中学校
苫小牧市立啓明中学校
福岡(啓北)   青山(和光)
東原(白翔)   関(光洋)
斎藤(凌雲)   安藤(沼ノ端)
渋谷(勇払)   奥村(青翔)
    〃   副長歸 山 憲 二(競技)
前 川 勝 哉(審判)
苫小牧市立明野中学校
新ひだか町立静内第三中学校
ユース育成グループ長佐 藤 正 謙苫小牧市立光洋中学校 中時(青翔)   小野(ウトナイ)
     〃    副長佐 藤 拓 史苫小牧市立和光中学校
事業費管理グループ
広報担当
千 葉 隆 之苫小牧市立光洋中学校 川口(明倫)   永見(苫東)
松本(白老)   砂田(啓北)
久保沼(勇払)  吉田(緑陵)
尾形(啓明)